上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日はドリパスで実現した『タクミくんシリーズ2~5』イッキミ上映に参加してきました!!


fc2blog_20150201160230d23.jpg

会場はおひさしぶりのシネマート新宿。
マオちゃんがこっそり観に来ていたあのクジラ公開初日舞台挨拶以来かな。


fc2blog_20150201160258c64.jpg

映画館のロビーには特設コーナーが!!
写真たくさんプリントアウトして(タクミくん関係無いのもあるけど)貼り付けてくれてるのとかうわーがんばってくれたな~ってほっこりしました。関連商品がシネマート新宿で公開した作品の在庫処分市状態なのは気にしてはいけない(笑)。


fc2blog_20150201160327f5c.jpg

もうちょっと大きめな画像向かって左側。わあ~キャストサイズまで置いてるよ~


fc2blog_2015020116043393e.jpg

もうちょっと大きめな画像向かって右側。クジラのポスターには初日挨拶のときにキャストがサイン入れたんだろうと思うんですけど、4人のなかで唯一マオちゃんのサインだけが無くて寂しくなっちゃいました……うん仕方無いのはわかるんだけどさ……(泣)。

他にはレジの横にPureの物販グッズでギイタクとシンミスが裏表になっているファイルが数量限定で販売されていました。わたしがみたときは何故かシンミスの方を上にしてあって……それギイタクを上にした方が売れるんじゃね?って心のなかで思った(笑)。


虹色の硝子、美貌のディテイル、約20分間の休憩を挟んでPure、あの、晴れた青空の順番で観ました。DVDを自宅で観るとき、青空以外は本編を一切飛ばさずにちゃんと通すことってほとんど無いので(特にPureはギイタク以外の本編あまりにもひさびさすぎてなんか新鮮だったなー)全部をイッキミ!って凄かった。いろいろ凄かったです。うん。音とか(笑)。ひさびさにいっぱいきこえてきて凄かった。ホンモノの映画館の音響設備は自宅の環境じゃ到底再現出来ないですからね。

虹色は冒頭の17歳マオちゃん託生による拙いナレーションでいきなりブワッときて最後の森田くんと鈴木くんではやっぱり泣けたし、美貌は「じゃあひとりで背負わないでくれよ!」のあたりから託生が一生懸命訴えかけるのにキュンキュンしながら泣けてきたし、Pureはこれも定番のラストシーン「一年一度、か」でこみ上げてきて、青空はねーいつものお墓参りの場面の前にわたしの後ろの列で観ていたひとがすすり泣くのがきこえてきてそれに貰い泣きした感じでわたしもそこからラストまでボッロボロ涙流れて止まりませんでした。

数え切れない程観ていても公開から何年経っていても、まだこんなにも泣けるんだなあって。まあいろんなものを重ね合わせて観てしまっているのは否めませんが。それでも心がキュンとなって最後はあたたかい気持ちになれる本当に素敵なラブストーリーだなって思いました。

一気に続けて観ると、一作ごとに作品のクオリティが上がっていってるのとマオちゃんがどんどん綺麗になって垢抜けて磨かれていくのが如実にわかりますね。映画タクミくんシリーズはまさに役者浜尾京介十代の成長記録と記憶です。17歳18歳19歳とほぼ一年ごとにあそこまで監督に愛された主演作として形に残されているのはファンにとってはそりゃあたまらないですよ。あと今回特に思ったのは美貌→Pureで作品としてのいろんな厚みが増しているなということ。やはり美貌の大ヒットで得た潤沢な予算(笑)と圧倒的な支持はPureにおけるある種の革新的な作品作りに生かされたのだと思います。そしてそれを経ての集大成が青空……もう青空は語り尽くしたので言うことが無いや(笑)。

あ、青空ね、昨日はなんとエクステンデッドバージョンを上映してくれました!!!!これまで試写会では大きなホールでも観たことはあったけれど、ちゃんとした映画館のそれも335名も入る大きなスクリーンでタクミくんシリーズを2015年の今になって観る機会というのは本当に本当に貴重で最高にしあわせな時間でした。

ああでも託生観ちゃったらさー……マオちゃんが今とてつもなく恋しい。
役者浜尾京介がわたしは大好きだ!!!!


マオちゃんが与えられた役を生きているところをまた観たいのです。言霊。言霊。
 
 
スポンサーサイト

昨日の記事ですこし触れたこの企画、【「タクミくんシリーズ2~5」イッキミ上映なるか!?】が見事上映成立。来年1/31にシネマート新宿での一挙上映が決定したようです。めでたい!!!!





ひさびさに三木Pのつぶやきを引用。

お馴染みだったイメフォの激戦108席に比べてシネマート新宿は330席もありますのでお座席まだ大丈夫ですよ。この貴重な機会に映画館で、是非!!是非!!!!


これまでにメッセージでいただいたのですが、今年2月のニコ生四夜連続放送で入ってこられたご新規さんも結構多いようですね。映画版のシリーズ完結からはすでに三年以上が経っています。でも完結後に作品を知った方も映画版タクミくんシリーズの世界に魅せられて夢中になり深く熱く愛するようになる、大事な大事な宝物になる……嗚呼これが永遠なんだなあと、もう何度目かわからないけれど実感します。青空公開当時のマオちゃんやだいちゃん、横井監督の言葉を思い出してそれだけで胸が熱くなりますね。


お昼休みに上映成立を見届けてそのままチケット買ったときに予約しておいた飛行機チケットを購入しました。これで交通手段の手配も完了。2015年に虹色から青空まで通して映画館のスクリーンで観られるなんて……幸せだなあ。虹色冒頭まだまだ幼いマオちゃんのあの独特のモノローグを聴いただけでいきなり号泣しちゃう気がします。


20120928_01.jpg
 
 

2014年のメリークリスマスですね。


昨夜【「タクミくんシリーズ2~5」イッキミ上映なるか!?】というドリパスでの企画が実現に向けて遂に動き出したワケですが(勿論チケットは既に購入済みですよ!!)クリスマスの今日はもう一つの再会の日。




昨日からあちこち早売り探し回ってようやく手に入れました。
いやー苦労したー!!!!


僕ホテのメイキングで横井組スタッフとだいちゃんが柳也さんのことを「12年後のギイ」だとか話して笑っていたことをなんとなーく思い出してしまいます(笑)。まあ、29歳のギイって聞いて真っ先に「これならだいすけ出来るじゃん?」て思ったよねー。

では、29歳になったらしいギイと託生の物語、期待と不安半分半分で読み始めてみます。
 
 



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。