上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末恒例、今年を振り返る自己満足企画(笑)。



---------------------------------

自分用メモ 【2012年舞台・イベント参加記録】


02/08 舞台『不思議な町の王子様』×1
02/09 舞台『不思議な町の王子様』×1
02/10 舞台『不思議な町の王子様』×2
02/11 舞台『不思議な町の王子様』×2
02/12 舞台『不思議な町の王子様』×2
04/15 舞台『新撰組異聞PEACE MAKER』×1
04/19 舞台『新撰組異聞PEACE MAKER』×1
04/20 舞台『新撰組異聞PEACE MAKER』×1
04/21 舞台『新撰組異聞PEACE MAKER』×2
04/22 舞台『新撰組異聞PEACE MAKER』×1
05/11 舞台『舞台版「WORKING!!」』×1
05/12 舞台『舞台版「WORKING!!」』×2
05/13 舞台『舞台版「WORKING!!」』×2
05/18 舞台『舞台版「WORKING!!」』×1
05/19 舞台『舞台版「WORKING!!」』×2
05/20 舞台『舞台版「WORKING!!」』×2
06/08 ハッピーレシピ2&3発売記念『料理男子のハッピーイベント』×2
06/24 浜尾京介BDトークイベント×2
07/07 『浴衣deクッキング!?』イベント×2
07/29 DVD『ギャルバサラ外伝』完成披露試写会in大阪×3
08/23 BS-TBSサマーパーティー2012 エチュード×1
08/24 BS-TBSサマーパーティー2012 エチュード×1
09/02 Boys Award Collection Show!!!×2
10/06 舞台版「WORKING!!」DVD発売記念イベント×3
10/27 不毛会議プロジェクト公開製作発表イベント×1
11/02 舞台『戦国BASARA3 瀬戸内響嵐』×1
11/03 舞台『戦国BASARA3 瀬戸内響嵐』×2
11/04 舞台『戦国BASARA3 瀬戸内響嵐』×2
11/11 舞台『戦国BASARA3 瀬戸内響嵐』×1
11/16 舞台『戦国BASARA3 瀬戸内響嵐』×1
11/17 舞台『戦国BASARA3 瀬戸内響嵐』×2
11/18 舞台『戦国BASARA3 瀬戸内響嵐』×2
12/01 タクミくんシリーズ メモリアルDVDBOX発売記念握手会×1
    映画『あの、晴れた青空 extended ver.』初日舞台挨拶
12/14 映画『あの、晴れた青空 extended ver.』最終日舞台挨拶

---------------------------------


というコトで新記録達成です。上京回数16回、いやー今年もよく通いました。

ギャルバサラ外伝の試写会と瀬戸内響嵐大阪公演以外はすべてin東京ですからね。そりゃANAのマイルがどんどん貯まるワケだ(笑)。1月と3月、8月9月はやや沈黙の期間ですが、それ以外は満遍無く…かな。ちなみに舞台観劇回数は35回。去年の倍以上です。マオちゃん出演舞台は去年と同じ4本なのに(※内輪仕事はカウントしません)観劇回数は倍増…そりゃお金ちっとも貯まらないワケだ(泣笑)。


今年のNo.1はどれだろうなあ…ケイタロちゃん、姫沖田、ことりちゃん(アレ?w)、与平たん、マオチカ…うーん、どれも捨て難い。やっぱり努力の結晶マオチカかなあと思いつつ、でも浜尾京介という役者のもつイノセントの魅力を遺憾無く発揮させたという意味では与平たんかもしれない。まさかギャルバサラであそこまで号泣するとは思いませんでした。あれはマオちゃんの力無くしては絶対に成り立たない物語であった。嗚呼今思い出してもラストで例のアレを詰め込んでる与平たんの姿を瞼に思い浮かべるだけで泣けてくる…(´;ω;`)ブワッ 『ギャルバサラ外伝』は、オトナの事情か本編であまりにあんまりな扱いだったマオちゃんをなんとかしてフィーチャーしてやりたい、という●デプラさんのある種親心的な配慮であったのではないかと穿ってみたりもしております。ありがとうみきぴー。またなにかあったらよろしくw

そのビ●プラといえば、まさかのタクミくんDVDBOX発売からの、extended ver.特別劇場公開、ギイタク握手会、そして、舞台挨拶。…一年前の仙台クリスマスで綺麗に胸の奥へとしまい込んだはずの彼らの想い出に付け加えられた新たな記憶。extended ver.という形で願ったことがすべて叶えられ…一年経った彼らの最後の制服姿をこの目に刻みつけて、そして最後の最後に横井監督から貴重なお話も聴くことが出来た。もう心残りはありません。わたしがこれまでの人生で出逢った最高の奇跡、そのしあわせなゴールでした。


あ、そうそう。個人的に選ぶ2012年糞舞台No.1は文句無しでふしプリです。(去年はコカンセツ再演)魔法の本の駄目押しでお通夜だった初日後のしょっぱすぎる酒…もう二度と思い出したくない(>_<)


すでに撮り終えたものも含めて現在映画出演が3本決定してるので、来年は演じているマオちゃんの姿を映像で楽しませてもらえそうですよね。個人的には、マオちゃんが出演する舞台や映画はこれまでどおり観られるだけ観るけど、マオちゃん個人のトークイベントにはおそらくもう参加しません。他の役者さんと一緒で外部のお仕事絡むイベントなら行くかも。今年あった悲喜交々な出来事のなかでわたしがマオちゃんに求める方向性が完全にはっきりしたので。うん。


2013年のマオちゃんはじめは舞台『不毛会議』です。
わたしの不毛初日まで元旦含めて2日しかお休みありませんけどがんばるぞー(`・ω・´)シャキーン

スポンサーサイト


※公式がアップロードしたプロモーションビデオを共有しています。違法ではありません。

カッコつけてシャンパングラス揺らしてるケイタロちゃんだけど、グイッと煽ったときうっかりいつもの癖で目ェ閉じちゃってハイ駄目ハイ可愛いーwww そしてラストのやりとりが微笑ましいですね~告知のところだけ可愛さ何割か増してるマオちゃんに眼福至福v 素に戻っただいすけのツッコミにマオちゃんが漏らした「いったい…」がなんか色っぽくて、たまらん(*´Д`)ハァハァ



てコトで、一晩寝て起きたらいつのまにかふしプリ2のPVがアップロードされてチケットの一般発売も終わってました。なんでも発売開始から程なくして予定枚数終了した、と。

いやー今回も即完売ですか…驚いた。先行でわりとあっさり揃ったので今回はマオちゃん&だいすけセット売りのイキオイもさすがに落ち着いたかと思っていました。が、そうでもない、らしい。まあ今回は前回のように建前のストーリーでお茶濁すのではなく、話のど真ん中にケイタロウと一条蘭の関係性をドーンと据える覚悟決めたみたいだし、前回並のgdgdな出来にはならないようこちらとしては祈るのみ…(>人<) なんですけども、どや顔で作ったであろうPVで舞台のタイトル間違えてるような制作側じゃあね…『不思議の町の王子様』って、オイ!!(゚Д゚) そんなに間違えやすいなら最初からアリスのもじりで通しておけやー('A`)


それにしても、彼らをメインとして担ぎ上げるかどうかの違いで不毛とこうも違うのか。限られた範囲でお金遣うお客さんは己の観たいものに正直だってことなのか…そうりゃそうか(;^ω^)個人的にはあの二人で●ックスにばかり美味しいとこもってかれるのは非常に不本意なのですけども、とりあえずCLIEは需要を読み間違えたよなあ。揃えりゃいいってもんじゃないのよ、ファンの財布は無尽蔵では無いのです。ぶっちゃけマオちゃんのメサイア舞台&映画W主演(多分主演よね?)が決まった今はふしプリですらチケ取り過ぎたと思っているワケで、不毛に至っては今手持ちのチケの半分でもよかったぐらいだぜ、なーんて。このローテンションっぷりを良い意味で裏切ってくれるような中身の芝居に不毛会議が仕上がってくれているといいのですが。年内は大晦日まで稽古だとか。がんばってください。初日の口コミでお客さんが増えるような舞台になりますように。



しかしですねーふしプリ2のキャスト…どうなってるんだこれ。第一章を観た上での私的考察だと、一条蘭(ケイタロウ)以外でカミサマとレイラは第二章以降にも確実に必要だろうというのがわたしの結論だったんですけど…どっちもいないじゃないか。もしくはキャスト変更という線もあり得るのか。第一章のラストから整合性を持たせて第二章へ繋げる気がホン書きの側にあるかどうかですよね。…脚本家が別人なのがわずかな光明かしら(;´Д`)


予習用その2、その3、到着~





これ観て読んで、鋭利がすこしでも好きになれるといいんですけども(;^ω^)

予習用にまずはコレから。



20121226_01.jpg

『メサイア 聖域蝟集』
仕事帰りにひっさびさの●ニメイトで買ってきました。青空本編DVDのフラゲ以来だよwww

おそらく去年の映画化との連動企画で先行してコミカライズされたのではないかと思います。なので映画版の漫画という位置付けでいいのかな。


そういうコトで、漫画版メサイア読了。

うーーーん…なんという尻切れトンボ!!打ち切りと言われたらそうとしかみえない程にぶつ切り感たっぷり。これからあきらかになっていくと思われるあらゆる謎や伏線が投げっぱなしなのだ!!!!いやーびっくりした。なんだこれ。これで完結巻!!とか堂々と言えるのがすげー( ゚д゚)ポカーン

多分映画版はテロリストの弟のお話だけでまとめているんだろうと思うんですけど、漫画版2巻に収録されている越智部の話、アレは漫画化する必要あったんですか?原作者か漫画作家かどちらかの珀というキャラクターに振った設定萌えが高じて描いてしまったいわゆる蛇足のようにわたしには思えちゃったんですが…(毒

これ、原作の小説だとちゃんとすべての謎があきらかになっているのかな?漫画(映画もかな?)だけじゃさっぱりです。ぶっちゃけワケわかりません。

あ、勿論原作小説も昨日のうちにポチりましたし映画版も自宅にお届けされるよう手配済みなので明日あたりには両方とも入手出来るかと。映画は比較用資料だけど(笑)とりあえず原作!!原作小説読まないことにはどうにもこうにもスッキリしません。



ところで漫画読んだらですね、主人公の鋭利(公式に載っているイラストの一人ちっこい子)はマオちゃんじゃないでしょ?!としか思えなくなってきたんです。コレはどっちかというとまつだくんだろ身長的に考えてもキャラ的にも…。マオちゃんを活かすなら鋭利のメサイアである珀の方がまだ合っている気がするけど。うーん、微妙だ。


やっぱり原作小説読まなきゃ!!!!(>_<)


マオちゃん来年の新しいお仕事キター!!



CLIE制作のムビステ第二弾『メサイア』(→公式サイト


うん、あのね、これね、11月の第一報をみた瞬間に「うわ~なんかにおうなあ~」って思ったんですよ。公式であのイラストみて脚本がイセナオ氏でCLIE仕切りってあたりからしてすげークサイなコレマオちゃん出ちゃうんじゃないのー?って。瞬間そう思った。でもほら、ムビステ第一弾の『不毛会議』にマオちゃん出てるじゃないですか。さすがにムビステ連続出演ってのはあまりに贔屓があからさまかなーとか。あともうちょっとピチピチでフレッシュな10代の子とか連れてくるんじゃないかなーとか考えて、「…うん、無い無い」の方向へ思考を振ったワケですけども。

いやーそんなこと全然無かった。CLIEは本気であからさまだったwww

しかも今度は舞台も映画も同キャスト。
しゅ、主演?主演なの?!マオちゃんの名前がトップにあるってことはそうなんだよね?!!!これ、マオちゃん主演舞台&映画ってコトなんですよねっっ(≧∀≦)キャー



と、ひとしきり主演のお仕事を喜んだところで本格的に調べてみたら、この作品って去年すでに映画化されてたんですね。前作の公式サイトをみたところ、うーん●ベプロ主導で若手イケメン集めてみた、って感じですかねえ…見覚えのある名前があるわあるわ(;^ω^)

そう、マオちゃんまーた前任者がいる役なんかーい!!

ホントまたか、と言いたくもなりますが、今回もまあ大丈夫でしょう。なんせ原作モノですし、コミカライズもされてますし、非日常モノですし、マオちゃんの役作りに必要な勉強用の資料は揃っている。そして脚本を手掛けるのはマオちゃんの役者としての魅力をよく知っているであろうあの演出家です。だから心配はまったくしていません。前作と比べられてあれこれ言われるのももう慣れたもんだよね(苦笑)。


でもって。
作品の雰囲気とかキャストのビジュアルとかとりあえず観ておこうと前作の予告編を再生してみてわたし思わず「ヒィッ!!」て叫んじゃいましたよ。だって学校のロケ先が…

 映 画 版 春 風 と 同 じ 場 所 だ っ た (>_<)

どんな名作であったとしてもあのロケ場所だとわたし駄目だわ。ある意味トラウマ。



ちなみにムビステによる映画版の新生メサイア『漆黒ノ章』は前作と同じところが制作するようです。つまりはキャスト&スタッフ総入れ替えでの新作ってことになるんでしょうか?このへんは更なる詳細発表が待たれます。


それからこの『メサイア』の原作について。今回は“原案”表記なので設定だけいただいて内容は脚本担当イセナオ氏によって大幅に脚色されてるんじゃないかとも思うのですが、原作者の高殿円という名前にはわたし聞き覚えがあるのです。マオちゃんファンになる前、声オタだった頃にこの作者のライトノベルを買っていたことがありました…あはは(;^ω^)で、さっき原作者の公式ブログをみてきたらまあびっくり!!『プリンセスハーツ』、一年前に完結してたんだなあ~わたし2巻で脱落したからなあwww



とにもかくにも。
アオリ文句とイントロダクションをみただけでギュンギュン迸る中二病的世界観!!!!
そこはかとなく漂う男だらけのニアリーびーえる感!!!!(笑)

こりゃあ楽しみです。とても。うっかりふしプリ2全通とかするんじゃなかった(>_<)




最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。