上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日はたくさんのアクセスをいただいたようでどうもありがとうございます。
ですが、一つ前の記事に書いたようにワタクシは舞台挨拶には行っていません。記事更新を期待して見に来てくださった方には申し訳ありませんでした。



さて、昨日のテコンドー魂舞台挨拶後の井上まーくんツイートから共有。



マオちゃんの顔……(号泣)。
でもテコンドー魂公式が上げたツイの画像ではなんとか笑っていたので、よかったのかな。

池袋の現地は……まあ事前の予想通りファンの我欲渦巻くそれはそれは酷い惨状だったようで、個人的には早めに不参加決めて本当に正解でした。前夜のトリプルでテニミュ時代からのおにいちゃんたちに囲まれたマオちゃんをみて、自由すぎるB型コンビに腹筋が痛くなる程笑って、浜尾画伯の二年の成果におお……と謎の感動を覚え、そしてだいちゃんからのコメントで熱い熱い涙を流して、実にすっきりとした清々しい気持ちでもって一旦のマオちゃん納め。うん、わたしにとっては大正解。これ以上心が醜くささくれ立ったらなんのために今まで四年十ヶ月ものあいだマオちゃんを全力応援してきたのかすら見失ってしまいそうでしたしね。

いや、今思えば白銀ノ章の大千秋楽で、わたしは役者浜尾京介を自分のなかで一旦納めていたんだろうなあ。おそらくあの日あの時あの会場内の最高の場所で、司馬柊介として生き抜いた浜尾京介の姿を最後まで観届けることが出来たので。





すこしだけ、わたしの四年十ヶ月を振り返ります。


マオちゃんとわたしの最初のエンカウンターは、2008年秋のテニミュ1st全国氷帝凱旋公演初日。その次の四天宝寺公演も観劇はしたけれどそのときマオちゃんのことはわたし多分、ほとんど、観ていなかった……です(笑)。浜尾京介という二・五次元からの[ダ]天使にわたしが陥落したのは今更言うまでもないかもしれませんがタクミくんの虹色で、その虹色を経てのドリライ6thにはギリギリ滑り込みでマオちゃんファンとして間に合った感じかな。四代目青学の卒業を見送ることが出来ました。テニミュ卒業後のマオちゃん出演舞台はすべて劇場に足を運んで生で観劇しています。(あ、あの事務所の内輪舞台2本はカウント外ねー)『エブリ リトル シング'09』、『困ったメン~絶望のジングルベルMIX~』、『PEACE MAKER~新撰組参上~』、『abc★赤坂ボーイズキャバレー『2回表!』~喝!&勝つ!~』、『コカンセツ!~再演~』、『ANGEL EYES 真っ直ぐにススメ。』、『不思議な町の王子様』、『新撰組異聞PEACE MAKER』、『舞台版「WORKING!!」』、『舞台戦国BASARA3 -瀬戸内響嵐-』、『舞台版 不毛会議』、『不思議な町の王子様 第二章』、『メサイア ー銅ノ章ー』、『メサイア ー白銀ノ章ー』……以上、舞台としては14本か。2010年の一年間は戦隊出演で他のお仕事が出来なかったので(タクミくん映画は撮ったけどね……凄いよね)テニミュを卒業してから実質四年弱で14本。この出演本数は、とにかく本数をこなしている役者さんの多い若手俳優界隈ではすくない方かもしれないですね。


映画は声のみ出演のシンケンvsゴーオンを入れると、『タクミくんシリーズ 虹色の硝子』、『ごくせん THE MOVIE』、『侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!』、『タクミくんシリーズ 美貌のディテイル』、『月と嘘と殺人』、『天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー』、『タクミくんシリーズ Pure~ピュア~』、『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕』、『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』、『タクミくんシリーズ あの、晴れた青空』、『ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-』、『武蔵野線の姉妹』、『映画版 不毛会議』、『メサイア ー漆黒ノ章ー』、『冴え冴えてなほ滑稽な月』、『僕たちの高原ホテル』、『テコンドー魂 -REBIRTH-』、『クジラのいた夏』……以上18本。試写会に間に合わなかったのが虹色で(でも映画館で4回観ました!!)、199ヒーローと武蔵野線~は試写でも映画館でも観てないですね(DVDで観ました)。それ以外はすべて試写会もしくは映画館のスクリーンにて観ました。ごくせんも月と嘘と殺人もちゃんと映画館まで観に行ったんですよ(笑)。


ゴセイジャーはプレミア発表会からファイナルライブツアー千秋楽公演まで行けるだけ行った。護星天使たちを最初から最後まで観届けました。DVD化されていない初期のケータイドラマ作品は残念ながら未見です。ごくせんと俺天はあとからDVDで、ギャルバサラ外伝は試写会と本放送とDVDとで観ました。


イベントは2012年夏以降マオちゃん個人のものからは遠ざかりましたが、作品関係のイベントや他の役者さんとのイベントにはほぼほぼ参加したと思います。なかでもタクミくんとメサイアには全力以上の全力を懸けましたね。やっぱり主演作品って重さが違うんですよ。特にメサイアは去年春の銅から白銀までの本公演、赤蓮・琥珀イベント、漆黒舞台挨拶含めてここまで全通を果たしました。わたしのことは新生メサイアマスターと呼んでくれ(笑)。



こうして振り返ってみても、役者浜尾京介としての今日までのお仕事に関しては時間もお金も惜しむこと無くとにかく観たいだけ観たと思います。いつのときも出来る限りの想いで追いかけた。全力で駆け抜けました。ここまで悔いは無いと言ってもいい。


でもね、今日で終わりじゃ無いのです。

去年秋からついてくれていたマネさんの昨夜のツイートをみても、マオちゃんは絶対この世界に戻ってくる!!とわたしは確信しています。仕事で関わったほとんどのひとからこんなにも愛され応援されている浜尾京介ですから。大丈夫、現状マオちゃんを阻むなにかしらの力以外はすべてマオちゃんの味方だ。皆、待っているから。絶対に、大丈夫。





あと、このブログについて。メサイア関連でまだ書きたいことが残っているのでそれを記事にして、過去の作品の個人的おさらいなんかもやりたいかなーとか思っています。なのでよろしければもうすこしだけおつきあいくださるとうれしいです。

DVDでマオちゃんを観て、のんびりと、気長に、そしてしつこく(笑)。待っていましょう。



マオちゃん、「おかえりなさい」のその日まで、「行ってらっしゃい」



   → 【そして青空は永遠に晴れたまま。
 
 
スポンサーサイト

昨日のキャストサイズイベント後に行われたマオちゃん写真集のお渡し会。キャパ294席に対しての限定200冊ということで、また前日のスマボFesのように醜い奪い合いとなるのかと思っていたけれど、イベント終了後でもまだ20部程余っている予想外の展開でして、結果的にマオちゃんと最後に直接お話したかったひとは全員希望が叶いました。これは良かった本当に良かった。


ただ、お渡し会に関する運営側の言い分は「写真集を受け取った方は会場にとどまらずそのままご退出ください」でした。途中で何度も繰り返しアナウンスしていました。でもスタッフによる出口への誘導も無くお客さんを強制的に退出させてはいなかったので、急ぎのひと以外は当然の如く誰も帰ろうとしないワケですよ。

わたしは自分の番が済んだら素直に帰りましたけどね。


でもって、なんでも運営側のアナウンス無視して最後まで残ってたファンにだけマオちゃんってば「戻りたい気はある」だの「夢叶えたら復帰します」だのそのようなことを言ったそうですね。マオちゃんは運営の事情なんて知らないだろうから最後まで残って"くれた"ファンに対して良かれと思って挨拶したんだろうけど、うーんとね、あのね、それが不平等ってことなんだよ。そこに残っていたファンだけがマオちゃんのファンじゃないのよ?とってもとっても重要で、すべてのマオちゃんのファンが今聴きたくてたまらない言葉を、いくら建前とは言えイベント運営側の「残らずにお帰りください」って意思を丸無視して居残り続けたファンにだけ伝えるってどうなのよ?それなんか違うわ。無いわ。挨拶させちゃう運営も無いわ。馬鹿正直に先に帰ったお前が悪い?はい、そうですね。そのとおりです。馬鹿です後悔してます。でも駄目なものは……駄目だからね。

このことで、最後を目前にして、騙し騙しもたせていた気持ちがプツンと切れちゃいました。



結論としては、やっぱりわたし、素顔の京介を全肯定するのは無理です。
わたしが肯定出来るのは役者の浜尾京介だけです。それ以外のどんな浜尾京介も要らない。


なので、昨日のイベントをもって生マオちゃん納めとします。

本当の仕事納めとなるであろう27日の舞台挨拶は行きません。もうゴールしていいよね。明日の晩自分の部屋でこたつに入りながらトリプル・ゾーンを観て、あとはマオちゃんが残してくれた作品を繰り返し繰り返し観てぼんやり過ごす。そして待つ。このあいだ待っていていいか訊いたら頷いてがんばりますって言ってくれたからね。



最後に、昨日のお渡し会で友人がマオちゃんから直接聴いた言葉の一部を、このブログをごらんくださっている皆さんにお伝えしておきます。


「引退じゃなくて休業ですよね?」
「一応、俺はそのつもりです」


「一応」、でも、「そのつもり」……これがこれから先わたしにとっても支えとなるから。


イベント終わって今日も軽く飲んでます。


いきなり冒頭の挨拶で兼ちゃんが「本日は浜尾京介のお通夜にお越しくださり」とか言い出して会場ドン引きさせまして、そのあと立て続けにあまりにも「引退」「引退」繰り返しやがるもんだから、マオちゃんたまらず「引退ってやめてよ!寂しくなるから」と兼ちゃんを制止してました(笑)。いくらマオちゃんの今回のことをYahoo!ニュースで知ったからっといっても、もうちょっと空気読んで兼ちゃん!!!!


まあ、あの単独記事を載せてるキャストサイズだけあって、全体的に最後を強調した送別ムード満載でしたね。サプライズで松田凌君、八神王子、細貝圭ちゃん、そして兼ちゃんからのマオちゃんへのメッセージ動画が流れました。

そしてキャストサイズ編集部からマオちゃんへの感謝状と記念品贈呈もありました。"表紙最多登場"を表彰しての金メダル授与もあり。記念品はマオちゃんが使っているメーカーのゴルフボール。よろこんでましたよ。

今日一番のトークネタは、王子がマオちゃんの次の元親をやるよってお話から、瀬戸内響嵐のオーディションを兼ちゃんも受けていたという事実が判明したこと!!マオちゃんとオーディションの時間がかぶっていて、先に兼ちゃんがプロデューサーたちの前で台詞読んだりしたら、「キミ、なんかおじさんっぽいねー」って言われて、結果はマオちゃんが受かっていた、と(笑)。

アニキ役に兼ちゃん落としてマオちゃん選ぶ舞バサ制作スタッフって……やっぱりわからないわ……。



その他詳しい感想は自宅に戻ってからがんばります。

夜の部終了。



夜の分はなんとマオちゃんとのチェキが先着順ではなくて抽選になったそうです。まあねー昼の部始まる前からすでに外の道路で並んでるルール丸無視なひとたちいたしねー昼の部終わって物販済ませて外に出たらもう道路にひと溢れてて100人以上列になってたもん。時間厳守とかホント書くだけ無駄ね……って辟易してたら結果抽選ですって。早くから並んでたひとはお気の毒様(棒読み)。

で、マオちゃんのチェキ関連を始めとする物販に関して混乱を招いてしまったことと開演が遅れたことについて、夜の部始まる前に今回のイベントを企画した偉いひとがステージに出てきて謝罪しました。せめてものお詫びにチェキ券持ってないひとも撮影会のあいだ会場に残っていいことになりました。わたしはとっとと撤収しましたけども。

まあなんつーか、これだけの糞運営しでかしたら代表者が詫びて当然だと思いますよ。そういう意味では詫びすら無かったわたしのなかでマオちゃんイベ史上最悪だったハッピーレシピイベントよりはまだいくらかマシか。でもこれ自分が並んでいて買えなかった当事者だったらマジ現場でキレてたわ。最初っからイベント企画そのものに無理があったというか、あまりにも運営側の読みが甘かったとしか言えない。


あ、出演者は勿論皆お客さんを楽しませよう盛り上げようとがんばっていました。学クロのトークコーナーは三人のバランスが意外に良くて大笑いする程面白かったし、もひとつの作品のキラキラアイドルソングも元ジャニオタなわたし正直嫌いじゃないわ。

でもね、昼と夜とでイベント構成どころか各コーナーの内容やトークテーマの中身すら変えないイベントってひさびさ過ぎて唖然としてしまいました。ここのところメサイアとかの作品イベもマオちゃん個人イベもその回ごとに中身をちゃんと変えてくれるイベントばかり続いていたのでスマボFesの手抜きっぷりにポカーンですよ。え?2回とも観る客なんて想定してないって?またまたーこの手の若手俳優集めてのイベントでリピーター対策しないのは最早作り手側の怠慢としか思えない。スマボはもうこの規模のイベントやらない方がいいね。絶対上手く捌けるワケが無い。


さてさてマオちゃん。なにをやらせてもパーフェクトな王子様キャラにプラスして最近は「可愛いものをみると潰したくなるんですよお~!!!!」というテコンドー魂の舞台挨拶でみせたやや変態さんなキャラ推しのようで、16歳のカワイイ系な新人君を「可愛い可愛い」とひたすら萌え萌えしていましたが、わたしに言わせればお前が言うな、と。お前の方がよっぽど可愛いですからああああ!!!!

昼の部も夜の部も、もひとつの作品に登場するアイドルユニットのセンターを勝ち取った優勝者に馬のひとが賞状を読み渡したんですが、両手が塞がってマイクを持てない馬のひとの傍にすかさず寄り添って、口元にマイクを差し出すマオちゃんがめっっっっっちゃくちゃ可愛くてたまらんかったです!!!!相変わらず自分より大きいイケメンの横だと縮むんだよねえ……不思議(笑)。それにあの横から見上げる視線……ホント魔性。

あと昼も夜もイベント終演後にホール出入り口で出演者によるお見送りがありました。おーこれはなかなかのサプライズ!!昼の部はただ会釈するだけで精一杯でしたが、夜の部はマオちゃんに「マオくんまた明日!!」と手を振るとニッコリ笑顔で頷いて振り返してくれたのでそれだけでわたしは満足だ(笑)。


明日に備えて軽く飲んだら帰ってゆっくりします。

昼の部終了。



わたしはチェキ要らないからギリギリ入場でしたけど、相変わらずファンは決められた時間守らないわースタッフの仕切りもgdgdだわー物販列ちっとも捌けず途中で時間切れになるわーで開演前から相当酷かったみたいですねスマボFes……。

そもそもがキャパ500人規模のイベントを仕切っていい企画じゃなかったよね。

そしてイベントの中身も……全然値段に見合ってない。観たいものちっとも観せてくれない。学クロコーナー全体の3分の1も無かったんじゃね?

もひとつの作品の方の審査員してるときじゃれあって楽しそうなマオちゃんと馬のひとが観られたことぐらいかなあ今日よかったことって。

しかもあのよくわからん口パクアイドル企画のセンター決定コーナー、夜もやるって正気?!!!



こんなにもつまらなくて不満の残るイベントが最後にならなくて本当に良かった!!心底良かった!!!!



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。