上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はここへ行ってきました。


IMG_2342.jpg

伊勢神宮です。

今年は60年に一度の〝おかげ年〟ということで神様からのお蔭をいただき例年以上にご利益があるのだとか。平日にもかかわらずとても多くのひとがお詣りに来られていました。

これは内宮の入口にある宇治橋です。勿論片詣りにならないように外宮から内宮へお詣りしました。どちらも正宮の前で写真を撮ったのですが思いのほかお詣りに来た他の方のお顔がくっきり写っているのでNG……さすがおかげ年。


IMG_2343.jpg

今日は良いお天気に恵まれまして、とても綺麗に晴れ渡った青空で、内宮の五十鈴川御手洗場からもこの美しい青。川も清流ってこういうことなんだなあと思える本当に澄んだ水でした。


IMG_2347.jpg

まだまだ紅葉には早い時期ですがそれでも一部の木々は色づいているものもあったりで。来月に入るともっと赤が鮮やかに映えるんでしょうね。


IMG_2345.jpg

日本屈指のパワースポットというだけあって、木々に囲まれた宮内を歩いているだけで不思議と癒やされ気力が体内に戻ってくるような感覚がありました。2000年の歴史はさすがですね。


正宮では家族が健康で過ごせている日々の感謝を。
お願い事は正宮以外の別宮でさせてもらいました。

マオちゃんをまたみられる日が訪れますように。

願い事は一年前も今日も変わらず一つ。



IMG_2339.jpg

帰りにはおはらい町とおかげ横丁で伊勢うどんとか地ビールとか牡蠣とか松阪牛とかとかいろいろ食べ歩きました。ある意味これが旅のメインでもありますからね(笑)。こちらは赤福の本店で食べた「盆」です。五十鈴川を眺めながら美味しくいただきました!!


IMG_2346.jpg

外宮と内宮それぞれでいただいた御朱印とお土産に買った勾玉鈴。……神社さんの御朱印はお寺さんよりも簡素なことが多いんですけども、伊勢神宮さんのそれもがっかり度は結構高いかもしれません。 ま、まあ参拝記念だから。



こんな感じで、癒やされて過ごした2014年の10月24日でした。


来年はどんな気持ち過ごすのかな。

……マオちゃんはどうしてるかな。
 
 
スポンサーサイト

先日映画館でこの予告編を観て、それだけで泣いてしまいました。




『ベイマックス』です。 ※ディズニー公式YouTubeチャンネルの予告編を共有しています。

おとといもっと長い本予告編も解禁されたんですが、わたしはこっちの1分半バージョンの方が好き。日本版のエンドソングがAIの『Story』って……どうもなんか違うような気がしちゃって。違和感あるんですよねえ。てか、えー今更この曲使うの?!って感じ。劇場で観たらまた違った感動があるのかもしれませんけど。



でもって本題。



『ベイマックス』の主人公ヒロ……

ちょっと似てるんだよね……



マオちゃんに(泣)。



十代の頃の、ちょうど虹色演じてた頃のマオちゃんに似てませんか。
上目遣いでの悲しげでせつなげな表情とか、手足の細長さとか、すこし色黒なところとか(笑)。

あの頃のマオちゃんに似た面差しをもつひとりぼっちのヒロ。その傷ついた心とカラダをなにがあっても絶対に守るケアロボットのベイマックス。この関係性に今のわたしが泣かないワケが無い!!!!ベイマックス公式サイトにあるベイマックスがヒロをやさしく抱き締めているビジュアルポスターをみているだけで涙がポロポロ出てきてしまったくらいです。


fc2blog_201410052218184d1.jpg

前売券も買いましたよ。ベイマックスのフワぷにストラップ特典付き(笑)。
この冬は劇場で彼らにあたたかい涙をいっぱい流させてもらいたいです。



さて、いよいよ明日。
10/24が来てしまいます。あの日から一年ですか。

明日は仕事をお休みしてちょっと日帰り旅行をしてこようと思います。
 
 

昨日はメサイアイベントー秘色ノ章ーに参加してきました。








ということで、2014/9/24付け記事で書いた撮影進行中のメサイア映像続編は〝映画〟ではなく〝ドラマ化〟とのこと。そして予想通り来年の舞台新作告知もきましたね。映像も舞台もどちらもわたしにとっては想定内。まあドラマだったのはちょっとびっくりでしたが。

発表された第一弾キャストに名前が有る、無いでいろいろ憶測が飛び交っているようですが、続編で存在を消されるという苦しみはもうとっくに通り過ぎたわたしにとって、大事なのは今後颯真がどういう形でメサイアに関わるのかという点だけです。9月の深谷ロケにもっくんさんが参加していたことには確信もってますからね。


昨日のイベントでは、漆黒・銅・白銀とあれだけ全力で生き抜いた司馬柊介のカケラをなにも感じることが出来なくて……敢えて前を向くそういう仕様の台本だったのかもしれませんが、それでもとにかく寂しくて寂しくて客席にいて終始心が冷えっぱなしでした。

柊介のいないメサイアは、わたしは耐えられない。
もうメサイア関連のイベントも舞台もわたしは生で観なくていいかな、と思いました。

颯真が関わるなら話は別ですけどね。



そうしているうちに、10/24が近づいてくる……
 
 



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。