上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/18~20の二泊三日でマカオへ行ってきました。

二泊三日とは言え現地夜到着朝出発のフライト利用だったのでマカオ滞在時間は39時間弱。一日まるっと動けるのは19日だけというわりとハードなスケジュール。まあ最初から19日をメインとする日程で予定を組んだんですけどね(笑)。

そもそも何故マカオかと言いますと、かれこれ九年前になりますが仕事の関係で中国に一年程住んでいたことがありまして。マカオまではバスで1時間半の距離でした。一年で10回以上出かけては当時の中国生活で辛かったりしんどかったり疲弊した心を異国情緒溢れるマカオで過ごす時間によって癒やしてもらっていたりしたんですね。

で、仕事の契約を終えて中国から日本へ帰ってきて程無くして、わたしはマオちゃん演じる葉山託生に運命的な出逢いを果たすのです。

つまりあのときのマカオにいたわたしはマオちゃんのことをまったく知らなかった頃のわたし。

なので、今回どうしてもマカオに行きたかった。
いろいろ、いろいろあったから、区切りをつけるならあの頃のわたしがいるマカオしか無かった。

そう思い立ったらノンストップです。結構無理を通してお休み工面して、旅の予約を入れたのはすでに一ヶ月を切っていた年の瀬でした。

白銀ノ章大千秋楽から三年の節目でしたからね。
役者浜尾京介最後の日から三年。なにがあってもこの日は外せません。


そういう感じでわたしは単身マカオへと旅立ったのでした。





マカオ観光の中心といえばセナド広場。
朝8時半のセナド広場はまだ人もまばらでした。新年とまもなく控えていた春節祝いの中華風な飾り付けがヨーロッパを感じさせる西洋建築となんともチグハグな感じで景観的にはちょっと残念だったかな。

19日は朝からマカオの世界遺産を歩いて回りました。全部で30ヶ所あるうちの28ヶ所制覇!!
開館時間が合わなかったりで中に入れなかった建物もいくつかあったのでそれはまた次のお楽しみにします。




こちらの写真の聖ローレンス教会は落ち着いた雰囲気ですが祭壇正面のステンドグラスがとても綺麗!!!!両サイドの壁面のステンドグラスも素敵で、地球の歩き方に「差し込む光が美しい午前中がオススメ」と書かれているだけあります。今回たくさん観た世界遺産の教会のなかでもここが一番好きかなと思いました。




世界遺産では無いんですが訪れてみたペンニャ教会。
ガイドブック等には推奨されていないルートで歩いたらまあこれが!!上り坂がきつすぎ長すぎで途中何度も挫けそうになり足もガクガクになりました。それでも辿り着いた山のてっぺんにある教会は見晴らしが最高!!!!中ではちょうど正午のミサが行われていてシスターの方々の賛美歌が響いていました。山登りの疲労を一瞬忘れる程の厳かさでした。




マカオ世界遺産の一つ媽閣廟。
こちらで日本の絵馬みたく願いを書いて吊す許願球を買ってマカオでもわたしは願うのです。
区切りをつけたとしても、いつか、を願うことくらいは許されると思うから。




帰国の朝、空港行きのバスを待ちながら見上げたマカオの空。
雲の合間にみえたのは綺麗な青空でした。

ここがわたしのアナザースカイ。
 
 
スポンサーサイト

1月19日。白銀大楽から早くも三年経ちましたね。
自分で決めた一つの区切りの日でもあります。






そんな日にわたしはひとりマカオを訪れております。




とりあえずはもっくんさんの記念すべき30回目のお誕生日お祝いに、と豪勢にホテルでケーキ食べたよ。

あらためてお誕生日おめでとうございます。
いつか、の日まで、待っていてくれるその気持ちがいつもわたしを強くしてくれる。
大好きな五条颯真をありがとう。

2017年最初のブログになります。
ギリギリ松の内に滑り込みました。明けましておめでとうございます。



いろんな気持ちに区切りを付けようとするたびに思いとどまらせてくれることが起きるものです。



昨日ニコ生で配信されたこちらの番組。
まつだりょうくんと健斗のおふたりさんに特別ゲストのもっくんさんでおさんにんさん。
この三人とくれば当然メサイアです。
そして彼らにとっては三人ではなく、四人。なのです。マオちゃんを含めて四人。

漆黒銅白銀とあの一年をともに駆け抜けた特別な仲間の彼らは何年経っても変わらない。
たとえそれが五年十年先になろうとも、万が一があれば、四人でもう一度やりたいと思っている。
それを白銀ノ章から三年が経とうとしている今このときに確認出来ただけでもう十分でした。
もっくんさんの口から直接「マオ」って言葉が今聴けただけで……もう……
本当に十分だよ。ありがとう。ありがとう。涙が止まらない。ありがとう。






そんな昨夜のもっくんさんのブログ。
今年も颯真だけは〝零杯ノ日〟を忘れないでいてくれて言葉にしてくれてありがとう。

彼ら四人が演じていた頃となんにも変わらない様子でマオちゃんの話をしていたおさんにんさんをみて、これからも颯真と柊介と、鋭利と珀と。四人の〝零杯ノ日〟を待っていてもいいんだよって。待つことくらいは許されたような気がしました。

逃げ足の速い胡散臭いものよりもしっかり積み重ねられたみえる絆。
自分の信じたいものをわたしは信じるの。
だから、万が一でも、待っています。



追記。

まおに連絡したら、むっちゃ喜んでくれた🤗

Kento_Onoさん(@kento_ono)が投稿した写真 -




番組内で「じゃあ三人で写真撮ってマオに送ろうよ」とかいたずらっぽく言っていた健斗。
よくやった!!!!よくやってくれました!!!これはね、健斗にしか出来ないことだよ~~~!!!!
友達とか役者仲間とかのくくりじゃない。だってゴセイは家族だもんね(号泣)。

ますます信じたいものだけ信じて強く生きていく気持ちになれたよ。
 
 



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。