上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひさしぶりです。生きております。
前回がマオちゃんのお誕生日をブリティッシュヒルズからお祝いする記事だったのでなんとまあ早くもあれから三ヶ月!!


それでは随分遅くなりましたが四度目のブリティッシュヒルズ滞在記をお送りします。




こちらは皆様お馴染みのマナーハウス。
長旅を終えてようやく我らが聖地に到着し坂を下までくだってマナーハウスを見上げる。この光景をみるたびに胸が熱くなります。何故か帰ってきたなあって気持ちになれるんですよね。世界で一番熱かった最後の夏の想い出とともに。やっぱりわたしにとってのマオちゃんそのすべてのはじまりがこの場所からだからなのかな。




今回の旅はデラックススイートルームに宿泊する贅沢プラン。
これまでにスタンダードルームとラグジュアリースイートルームには宿泊したことがあったのでデラックススイートルームにしてみました。なんと言ってもラグジュアリーとデラックスルームのプランにはアフタヌンティーセットが付いてるし夕食前にエグゼクティブラウンジでアペタイザーがいただけて朝食がブッフェスタイルではなくて本格的なイングリッシュブレックファストにグレードアップするんですよ!!こうなるとリピーターとしてはスタンダードの選択は無いです。まあ前回(2013年5月訪問時)がパブディナープランだったってこともあるんですけどね(笑)。




6月下旬のブリティッシュヒルズはちょうどバラが見頃。
ローズガーデンは勿論、宿泊棟の前や敷地内のいろんなところでバラが鮮やかに咲き誇っていました。




とはいえ6月です。季節は梅雨真っ只中。覚悟はしていたものの滞在中のお天気には恵まれませんでしたね。
海抜1,000メートルの森の中にあるブリティッシュヒルズではあっという間にこれだけの濃い霧に覆われてしまいました。



リフェクトリーでのディナーを終えて外に出た頃には夜道の散歩を躊躇われる程の強風と雨も加わりもうマナーハウスもみえません。
ワインを結構おかわりして程良く酔っ払っていたのでフォルスタッフパブで飲み直す予定はとりやめてお部屋でまったりしました。この日はイギリスの国民投票でEU離脱が決まったりしていて、日本のイギリスでこんなニュースを知ることになるなんてね、としみじみ。




日が変わって6月25日。
ブリティッシュヒルズのマスコット犬・ラブちゃんとイェショップ前のドッグランで戯れてみたり。ラブちゃんめっっちゃ元気でした。




四度目ということもありまして今回は昼食までの余った時間に紅茶講座を受けてみたりしました。紅茶の基本的なことをお勉強しながら試飲もさせていただける楽しい時間でした。ブリティッシュヒルズにいながら脳内に広がるのは僕ホテの歩ちゃんのいたいけな姿……まあ仕方無いですよね。紅茶と言えばそうなっちゃう仕様です(笑)。




昼食後にアスコットへ移動して今回の旅のメインともいえるマオちゃんのお誕生日祝いをしました!!!!
これ!!このケーキね、事前にブリティッシュヒルズの方へバースデーケーキの手配をお願いしておいたんです。その際「ディナー(前日)のあとに召し上がりますか?」と訊かれて「いえ25日にお願いします」とワガママ言ってみたり。いやでもそこ大事なところだからね(笑)。チェックアウトして昼食もとった後の早めのおやつ的な時間だったんですがブリティッシュヒルズのスタッフさんのホスピタリティはさすが!!完璧でした!!!!

ブリティッシュヒルズでマオちゃんのお誕生日をお祝いできるなんて……うーん、幸せ。




二日間の滞在中唯一みることができた青空。写真だとわかりづらいですね。
マナーハウスから見下ろした空の切れ間に一瞬だけ覗かせてくれました。『あの、晴れた青空』のラストカットで撮られた奇跡の青空にすこし似ている気がしました。




マナーハウスでわたしが一番好きな正面の階段。


三年ぶりに訪れたブリティッシュヒルズはぐっと外向きに開かれてきたなあと思いました。以前は観光業よりも教育研修施設であることが第一である雰囲気を強く感じていたんですね。設立の経緯からするとそれが当然で、言葉は悪いですが観光でやってきたお客さんはそのついで、みたいな。勿論今までお世話になった三回ともそれで不快になったことなんて全っ然無かったんですけど、良い意味で商売っ気が無いなという印象がありました。それが去年あたりからの動きをみているとSNSでの情報発信にも力を入れ始めて、シェフの英国研修での成果をメニューに即取り入れてバリエーションを増やしてみたり、おみやげを扱うイェショップの商品も大幅に入れ替わっていたり、新たなイベントを試みてみたり、と、観光面でもより広くアピールしてお客さんに来てもらおうという心意気を感じました。

これからも長くそしてたくさんのひとに愛される場所であってほしいと思います。
そしていつまでも変わらぬ〝還る場所〟……わたしにとっての聖地であってほしい。

またブリティッシュヒルズに行きたいです。





さて。
作り手側が新たな体制となったメサイア関係がいろいろと動いているようですが。
〝全員大集合〟とやらに颯真と柊介が含まれる日が来たらわたしも本気出します。
それまでは龍くんが言うように本当の意味で〝全員大集合〟では無いので。
関連記事



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。